陰宅風水 5つの性質

1.陰宅風水の利益 2.実践開運する氣の道具 3.日本では知る専門家さえ少ない
4.お守りが効かない理由 5.潜在意識から運命は変わる

1.ご先祖様の目線で見れば
すぐ理解できる陰宅風水の利益

ものごとは視点を変えると見えてくる場合があります。

もしあなたがご先祖様だとしたら?子孫が困っていたら助けたいと思いませんか?

子孫が幸運になることをできるかぎり手伝いたい。そう思いませんか?

陰宅はご先祖様が住まう家という意味。

ご先祖様が御休みになっているところです。ご先祖様は子孫の繁栄をいつも願っています。

つまりお墓ほど開運にふさわしい場所はほかにありません。

よく「相手の目線に立って考えよ」といいますが、不幸な人の運命も実は同じこと。

開運できない人は神様やご先祖様の気持ちを考えていない。陰宅風水なら解決できます。

お墓

2.はご先祖様が遺してくれた
実践開運する氣の道具

“パワーストーン”を身につける人が増えています。なぜでしょう。

石や岩が持っている不思議な力に気づいたのは古代の人たちです。

美しい石は飾るものとして使い、宝石と呼ばれました。

先祖や生者の身を守るものとして墓や神殿にはある種の石や岩が使われました。

そうした石には固有の波動があり、なかには人の氣を安定させ運命や健康を守る力が強いものがあります。

波動が合えば、その石は“お守り”になります。それがパワーストーンと呼ばれるもの。

人の先祖の家である陰宅の石、
「墓石」。

天然石と違い、素敵な先祖の氣があるのでお墓の玉砂利を袋に入れお守りにする人もいます。

実践開運に使う人もいます。

3.貴重な法ながら日本では
知る専門家さえ少ない

「学ぶ人あれど知る人は少なし」

といわれています。なぜなら見えない氣の知識と、それを生かす実践開運を指導できる専門家は少ないからです。

氣学の知識があっても占いの専門家に鍼灸師のような氣の治療は行えません。

また逆に鍼灸師すべてに氣をコントロールする開運知識があるわけでもありません。

日本ではまだ学ぶどころか存在を知る人も少ないのです。

陰宅風水が不思議で貴重な開運法といわれるゆえんです。

花

4.今までの人生に不満がある人の
お守り効かない理由

星の数ほど開運法があり、お守りも色々な種類が広まっています。

しかしご存じですか?そうした開運法、お守りに不満を持つ人が多いのです。

「効き目が無い」「何も変わらない」という理由からです。

そもそも開運とは、“棚からぼたもち”のように1万円の札束が空から降ってくるものではありません。

そのような効果をうたう開運法はすべてニセモノ。

パワーストーンも波動が合わなければ効果なし。ただの石ころなのです。

“○○占い”“パワースポット”が大流行りのため、「開運とは待っていれば起きる」と信じる人が後を絶ちません。

この考え方が凶運を招くのです。

それゆえ不安の時代となりましたので、開運を実践するという方法を身につける必要があるのです。

陰宅風水による実践開運は、最も歴史があり信頼性が十分に高いものです。

花

5.“ご先祖様に嘘はつけない”
潜在意識から運命わる

「開運なんかただ神頼みするだけだろう」。そういって嫌う超現実主義の人も少なくありません。

ところが、陰宅風水は違います。

人はほかでもなくご先祖様に祈る時だけは心の中で本音を語ります。

人は心の中で嘘をつくことができません。ましてご先祖様に嘘はつけない。

この“嘘がつけない”心理状態が人の潜在意識に強く働きかけるのです。

陰宅風水は氣の力のみならず、潜在意識の力で開運できる珍しい開運法です。

陰宅風水は自分に対して肯定的な宣言をおこない、意識や心のあり方を変えて幸運体質になる自己開発法(アフォメーション)でもあります。

古代の人たちはそれゆえ陰宅風水による開運に熱心だったといえます。

花

―お墓とご先祖様と氣の力に助けてもらう―

  • ご先祖様の力を借りる方法を知ることができる
  • 相性が最高の波動に守ってもらうことができる
  • 貴重な開運法を実践できる
  • 弱い開運法、偽物の開運法と縁をきることができる
  • 潜在意識から開運することができる

見えなくても

“見えない”から、「無い」。そうでしょうか?考えてみましょう。たとえば古代の人たちは科学が発達していなかったので見えないものを見、聞こえないものを静かに聞いていました。陰宅風水は、見えない凶相に襲われている現代人のための開運の処方箋であるといえます。たとえ目に見えなくても、身近にあるのです。

続きは…?>>自分でも気付かない「恐怖感」とは…

不安解消チェック 断三感の法

ページの先頭へ