陰宅風水とは?

幸運体質の人になる

金の実践開運には陰宅風水というものがあります。

陰宅とはお墓のことです。なぜお墓なのか。お墓を前にすると人は正直になるからです。人はお墓の前では嘘をつくことができないのです。そのときが“生まれ直し”のチャンスです。

不幸になる人は、こうした見えないものの大切さを知りません。

見えないものの大切さについて、ここに3つだけ挙げてみました。あわせて次ページでは陰宅風水の5つの不思議な性質について解説してます。

見えないものの大切さを幼い頃学べなかった人は
何でも“三日坊主”

女性

飽き性の人は何をやっても上達しません。

勉強が続かない人はいい職業に就くことができません。嫌いな仕事をやりいつもイライラしています。

美容や健康のためのダイエットも長続きしません。
見た目に自信がなく人間関係がうまく行かない人が多い。

そんな飽き性の人はいつも健康状態を気にしています。「自分の体は不健康ではないか?」「自分の心は不健康では?」と常に不安だからです。

悪い言葉づかいの家庭で育った人は
社会不信で人にも嫌われる

耳打ち

世の中が嫌いな人は悪い言葉づかいで育てられた人です。

新聞を見て政治家の悪口をいいテレビを見ては芸能人の悪口を話す人がいます。上司や部下の悪口ばかり話す人がいます。

「聞かれていない」と思っているからです。しかし聞かれています。見られています。

昔の日本人は「お天道様が見ている」と子供に教えました。見られているのだから悪いことをするなという意味でした。見えないものを恐れる気持ちを昔は子供に教えました。

だから昔の日本は「お互い信じられる国」になったし「人と人が愛しあう国」になったのです。今このことについて教える人はほとんどいません。

「見えないものに守られている」と感じる人は
毎日が幸福な人

見えないものの大切さを幼い頃学んだ人は心が強くなります。

見えないもの(氣)を“感じとる”ことで「あ、見られている」「踏ん張ろう」という反省心が起き我慢強い人になれるからです。

我慢強い人は何事も覚えが早く勤勉な努力家に育つので人生において成功します。また幸福感も感じやすいのです。

見えないものの大切さを学ばなかった人には“こころの柱”がなく、暮らしや精神の不安感にいつも悩まされています。「自分は不幸だ」といつも感じる人です。

―“見えないもの”の大切さを知る―

  • 毎日の不安感が消える
  • 何事も長続きするようになる
  • 我慢強い人になる
  • 強い国、強い国民性になる

陰宅風水は“生まれ直し”=再生の法

陰宅風水は墓を開運の道具として使い、見えないものの大切さを学び幸運体質の人になる方法です。

続きは…?>>陰宅風水5つの驚く性質「“凶相”現代人のための開運の処方箋」

ページの先頭へ